ホセア書

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

0:00
0:00

第 6 章

「さあ、わたしたちは主に帰ろう。主はわたしたちをかき裂かれたが、またいやし、わたしたちを打たれたが、また包んでくださるからだ。
2 主は、ふつかの後、わたしたちを生かし、三日目にわたしたちを立たせられる。わたしたちはみ前で生きる。
3 わたしたちは主を知ろう、せつに主を知ることを求めよう。主はあしたの光のように必ず現れいで、冬の雨のように、わたしたちに臨み、春の雨のように地を潤される」。
4 エフライムよ、わたしはあなたに何をしようか。ユダよ、わたしはあなたに何をしようか。あなたがたの愛はあしたの雲のごとく、また、たちまち消える露のようなものである。
5 それゆえ、わたしは預言者たちによって/彼らを切り倒し、わが口の言葉をもって彼らを殺した。わがさばきは現れ出る光のようだ。
6 わたしはいつくしみを喜び、犠牲を喜ばない。§祭よりもむしろ神を知ることを喜ぶ。
7 ところが彼らはアダムで契約を破り、かしこでわたしにそむいた。
8 ギレアデは悪を行う者の町で、血の足跡で満たされている。
9 盗賊が人を待ち伏せするように、祭司たちは党を組み、シケムへ行く道で人を殺す。このように彼らは悪しき事を行う。
10 わたしはイスラエルの家に恐るべき事を見た。かしこでエフライムは淫行をなし、イスラエルは汚された。
11 ユダよ、あなたのためにも刈入れが定められている。わたしがわが民の繁栄を回復するとき、