ヨブ記

章: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

0:00
0:00

第 4 章

その時、テマンびとエリパズが答えて言った、
2 「もし人があなたにむかって意見を述べるならば、/あなたは腹を立てるでしょうか。しかしだれが黙っておれましょう。
3 見よ、あなたは多くの人を教えさとし、/衰えた手を強くした。
4 あなたの言葉はつまずく者をたすけ起し、/かよわいひざを強くした。
5 ところが今、この事があなたに臨むと、/あなたは耐え得ない。この事があなたに触れると、あなたはおじ惑う。
6 あなたが神を恐れていることは、/あなたのよりどころではないか。あなたの道の全きことは、あなたの望みではないか。
7 考えてみよ、だれが罪のないのに、/滅ぼされた者があるか。どこに正しい者で、断ち滅ぼされた者があるか。
8 わたしの見た所によれば、不義を耕し、/害悪をまく者は、それを刈り取っている。
9 彼らは神のいぶきによって滅び、/その怒りの息によって消えうせる。
10 ししのほえる声、たけきししの声はともにやみ、/若きししのきばは折られ、
11 雄じしは獲物を得ずに滅び、/雌じしの子は散らされる。
12 さて、わたしに、言葉がひそかに臨んだ、/わたしの耳はそのささやきを聞いた。
13 すなわち人の熟睡するころ、/夜の幻によって思い乱れている時、
14 恐れがわたしに臨んだので、おののき、/わたしの骨はことごとく震えた。
15 時に、霊があって、わたしの顔の前を過ぎたので、/わたしの身の毛はよだった。
16 そのものは立ちどまったが、/わたしはその姿を見わけることができなかった。一つのかたちが、わたしの目の前にあった。わたしは静かな声を聞いた、
17 『人は神の前に正しくありえようか。人はその造り主の前に清くありえようか。
18 見よ、彼はそのしもべをさえ頼みとせず、/その天使をも誤れる者とみなされる。
19 まして、泥の家に住む者、/ちりをその基とする者、/しみのようにつぶされる者。
20 彼らは朝から夕までの間に打ち砕かれ、/顧みる者もなく、永遠に滅びる。
21 もしその天幕の綱が/彼らのうちに取り去られるなら、/ついに悟ることもなく、死にうせるではないか』。