賛美の力


  • そして彼らが歌をうたい、さんびし始めた時、主は伏兵を設け、かのユダに攻めてきたアンモン、モアブ、セイル山の人々に向かわせられたので、彼らは打ち敗られた。 歴代誌下 20:22
  • 主を喜ぶことはあなたがたの力です」。 ネヘミヤ記 8:10
  • 感謝のいけにえをささげる者はわたしをあがめる。自分のおこないを慎む者にはわたしは神の救を示す」。 詩篇 50:23
  • 祭の日の喜びの声を知る民はさいわいです。主よ、彼らはみ顔の光のなかを歩み、 詩篇 89:15
  • 感謝の歌と喜ぶ者の声とが、その中から出る。わたしが彼らを増すゆえ、彼らは少なくはなく、また彼らを尊ばれしめるゆえ、卑しめられることはない。 エレミヤ書 30:19
  • 神をさんびし、すべての人に好意を持たれていた。そして主は、救われる者を日々仲間に加えて下さったのである。 使徒言行録 2:47
  • 何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。 フィリピの信徒への手紙 4:6
  • 義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。 わたしのために人々があなたがたをののしり、また迫害し、あなたがたに対し偽って様々の悪口を言う時には、あなたがたは、さいわいである。 喜び、よろこべ、天においてあなたがたの受ける報いは大きい。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。 マタイによる福音書 5:10-12
  • 人々があなたがたを憎むとき、また人の子のためにあなたがたを排斥し、ののしり、汚名を着せるときは、あなたがたはさいわいだ。 その日には喜びおどれ。見よ、天においてあなたがたの受ける報いは大きいのだから。彼らの祖先も、預言者たちに対して同じことをしたのである。 ルカによる福音書 6:22, 23
  • これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためである。あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」。 ヨハネによる福音書 16:33
  • 使徒たちは、御名のために恥を加えられるに足る者とされたことを喜びながら、議会から出てきた。 使徒言行録 5:41
  • ああ人よ。あなたは、神に言い逆らうとは、いったい、何者なのか。造られたものが造った者に向かって、「なぜ、わたしをこのように造ったのか」と言うことがあろうか。 ローマの信徒への手紙 9:20
  • 悲しんでいるようであるが、常に喜んでおり、貧しいようであるが、多くの人を富ませ、何も持たないようであるが、すべての物を持っている。 コリントの信徒への手紙二 6:10
  • わたしは、どんな境遇にあっても、足ることを学んだ。 フィリピの信徒への手紙4:11
  • すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。 テサロニケの信徒への手紙一 5:18
  • さらに獄に入れられた人々を思いやり、また、もっとまさった永遠の宝を持っていることを知って、自分の財産が奪われても喜んでそれを忍んだ。 ヘブライ人への手紙 10:34
  • あなたがたは、イエス・キリストを見たことはないが、彼を愛している。現在、見てはいけないけれども、信じて、言葉につくせない、輝きにみちた喜びにあふれている。 ペトロの手紙一 1:8
  • しかし、万一義のために苦しむようなことがあっても、あなたがたはさいわいである。彼らを恐れたり、心を乱したりしてはならない。 ペトロの手紙一 3:14
  • むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど、喜ぶがよい。それは、キリストの栄光が現れる際に、よろこびにあふれるためである。しかし、クリスチャンとして苦しみを受けるのであれば、恥じることはない。かえって、この名によって神をあがめなさい。 ペトロの手紙一 4:13, 16
  • 正しき者よ、主によって喜び楽しめ、すべて心の直き者よ、喜びの声を高くあげよ。 詩篇 32:11
  • 正しき者よ、主によって喜べ、さんびは直き者にふさわしい。 詩篇 33:1
  • わたしは常に主をほめまつる。そのさんびはわたしの口に絶えない。 詩篇 34:1
  • わたしの舌はひねもすあなたの義と、あなたの誉とを語るでしょう。 詩篇 35:28
  • 日々にわれらの荷を負われる主はほむべきかな。神はわれらの救である。〔セラ 詩篇 68:19
  • わたしの口はひねもす、あなたをたたえるさんびと、回栄とをもって満たされています。 詩篇 71:8
  • いと高き者よ、主に感謝し、み名をほめたたえるのは、よいことです。 詩篇 92:1, 2
  • あしたに、あなたのいつくしみをあらわし、夜な夜な、あなたのまことをあらわすために、 感謝しつつ、その門に入り、ほめたたえつつ、その大庭に入れ。主に感謝し、そのみ名をほめまつれ。 詩篇 100:4
  • わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。 わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。 詩篇 103:1, 2
  • どうか、彼らが主のいつくしみと、人の子らになされたくすしきみわざとのために、主に感謝するように。 詩篇 107:8
  • 彼らが感謝のいけにえをささげ、喜びの歌をもって、そのみわざを言いあらわすように。 詩篇 107:22
  • 日のいずるところから日の入るところまで、主のみ名はほめたたえられる。 詩篇 113:3
  • われわれは天にいます神にむかって、手と共に心をもあげよう。 哀歌 3:41
  • しかしわたしは感謝の声をもって、あなたに犠牲をささげ、わたしの誓いをはたす。救は主にある」。 ヨナ書 2:9
  • 詩とさんびと霊の歌とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。 そしてすべてのことにつき、いつも、わたしたちの主イエス・キリストの御名によって、父なる神に感謝し、 エフィソの信徒への手紙 5:19, 20
  • すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。 テサロニケの信徒への手紙一 5:18
  • だから、わたしたちはイエスによって、さんびのいけにえ、すなわち、彼の御名をたたえるくちびるの実を、たえず神にささげようではないか。 ヘブライ人への手紙 13:15
  • 「すべての神の僕たちよ、神をおそれる者たちよ。小さき者も大いなる者も、共に、われらの神をさんびせよ」。 ヨハネの黙示録 19:5