賞賛


  • 憂えてはならない。主を喜ぶことはあなたがたの力です」。 ネヘミヤ記 8:10
  • わたしは常に主をほめまつる。そのさんびはわたしの口に絶えない。 詩篇 34:1
  • 感謝のいけにえをささげる者はわたしをあがめる。自分のおこないを慎む者にはわたしは神の救を示す」。 詩篇 50:23
  • 主をほめたたえよ。その聖所で神をほめたたえよ。その力のあらわれる大空で主をほめたたえよ。 その大能のはたらきのゆえに主をほめたたえよ。そのすぐれて大いなることのゆえに/主をほめたたえよ。 ラッパの声をもって主をほめたたえよ。立琴と琴とをもって主をほめたたえよ。 鼓と踊りとをもって主をほめたたえよ。緒琴と笛とをもって主をほめたたえよ。 音の高いシンバルをもって主をほめたたえよ。鳴りひびくシンバルをもって主をほめたたえよ。 息のあるすべてのものに主をほめたたえさせよ。主をほめたたえよ。 詩篇 150
  • 義と公平はあなたのみくらの基、いつくしみと、まことはあなたの前に行きます 詩篇 89:15
  • 全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。 喜びをもって主に仕えよ。歌いつつ、そのみ前にきたれ。 詩篇 100:1, 2
  • いと高き者よ、主に感謝し、み名をほめたたえるのは、よいことです。 詩篇 92:1
  • わたしはいつくしみと公義について歌います。主よ、わたしはあなたにむかって歌います。 詩篇 101:1
  • 主は王となられた。地は楽しみ、海に沿った多くの国々は喜べ。 詩篇 97:1
  • 正しき人よ、主によって喜べ、その聖なるみ名に感謝せよ。 詩篇 97:12
  • わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。 わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。 詩篇 103:1, 2
  • 彼らに踊りをもって主のみ名をほめたたえさせ、鼓と琴とをもって主をほめ歌わせよ。 主はおのが民を喜び、へりくだる者を勝利をもって飾られるからである。 聖徒を栄光によって喜ばせ、その床の上で喜び歌わせよ。. 詩篇 149:1, 3-5
  • 感謝のいけにえをささげる者はわたしをあがめる。自分のおこないを慎む者にはわたしは神の救を示す」。 詩篇 50:23
  • 真夜中ごろ、パウロとシラスとは、神に祈り、さんびを歌いつづけたが、囚人たちは耳をすまして聞きいっていた。 使徒言行録 16:25
  • 彼はまた民と相談して人々を任命し、聖なる飾りを着けて軍勢の前に進ませ、主に向かって歌をうたい、かつさんびさせ、/「主に感謝せよ、/そのいつくしみはとこしえに絶えることがない」/と言わせた。 そして彼らが歌をうたい、さんびし始めた時、主は伏兵を設け、かのユダに攻めてきたアンモン、モアブ、セイル山の人々に向かわせられたので、彼らは打ち敗られた。 歴代誌下 20:21, 22
  • すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。 テサロニケの信徒への手紙一 5:18
  • だから、わたしたちはイエスによって、さんびのいけにえ、すなわち、彼の御名をたたえるくちびるの実を、たえず神にささげようではないか。 ヘブライ人への手紙 13:15
  • わたしの口はひねもす、あなたをたたえるさんびと、回栄とをもって満たされています。 詩篇 71:8
  • しかしわたしは絶えず望みをいだいて、いよいよあなたをほめたたえるでしょう。 詩篇 71:14
  • 日のいずるところから日の入るところまで、主のみ名はほめたたえられる。 詩篇 113:3
  • 詩とさんびと霊の歌とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。 そしてすべてのことにつき、いつも、わたしたちの主イエス・キリストの御名によって、父なる神に感謝し、 エフィソの信徒への手紙 5:19, 20
  • 「すべての神の僕たちよ、神をおそれる者たちよ。小さき者も大いなる者も、共に、われらの神をさんびせよ」。 ヨハネの黙示録 19:5